2015/09/30

LYNYRD SKYNYRD/Street Survivors



LYNYRD SKYNYRD(レイナード・スキナード
/Street Survivors(ストリート・サバイバーズ)
1977年発売


サザンロックというジャンルを築いたレイナードスキナード 5枚目のオリジナルアルバム。

レイナード・スキナードの良い所は 全然やってることが変わらない という事だと私は思います。

カントリー、ロック、ブルース、ブギーなどこれぞアメリカという感じです。

レイナードスキナードの中でもこのアルバムを紹介した理由は他にあります。

有名な話ですが、このアルバムの発売後のツアー中にメンバーが乗った飛行機が墜落し
ボーカル含むメンバー2人とツアーメンバーの計3名が無くなってしまいました。



飛行機事故を暗示するかのような炎に包まれたジャケット写真。

実に記憶に残るアルバムです。

2015/03/06

ON TIME/GRAND FUNK RAILROAD

ON TIME / GRAND FUNK RAILROAD



1969年発売のグランド・ファンク・レイルロード(後にグランド・ファンクに改名)のファーストアルバム。

3ピースバンドというバンドとしての最小編成のこのバンド
ロックバンドとはなんぞや?という問いにひとつの答えがあるとするなら
グランド・ファンク・レイルロードを聞け と言ってもいいかもしれません。

ファーストアルバムならではの勢い、エネルギーに満ちた傑作です。

ロックの70年代黄金期の始まりを予感させます。


レコーディングエンジニア:Kenneth Hamann


2015/02/20

Inner Flame/Rainer Ptacek Tribute Import



Inner Flame
Rainer Ptacek Tribute
Import
1997年発売 


ジミー・ペイジ&ロバート・プラントが参加していたので購入したオムニバスCDです。


意外や意外。
どの曲も素晴らしく 積極的な攻めの音作りがされていると感じます。

このあたりのサウンドメイキングの大胆さは なかなか日本では聞けないものですね。

逆に 極力音を使わないというようなアプローチの曲もあり
非常に素晴らしい仕上がりとなっています。

2、6、7、8、12、がおすすめです。

2と8は 本当に脱帽です。

2015/02/19

SEAL(シール) / SEAL II

SEAL(シール) SEAL II
1994年発売




SEALのセカンド・アルバム
プロデューサーは前作と同じTrevor Horn。

デビューアルバムよりも より世界観が洗練された内容となっている。

Trevor Hornと言えば元イエスのメンバー、アート・オブ・ノイズで有名だと思うが
前作は少しアート・オブ・ノイズテイストが強かった印象があるが
このアルバムでは「SEAL」というアーティスト世界を確立した感を受ける。

このアルバムのサウンドメイクは後の日本のアニメやドラマの劇伴にもかなり影響を与えているように感じる。
(某有名作曲家の作品によく似たものが多々ある)


プロデューサー:Trevor Horn
ミキシングエンジニア:Steve MacMillan,Steve Fitzmaurice,Tim Weider
マスタリングエンジニア:Stephen Marcussen